メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

店長の遺族が損賠提訴…自殺は過労が原因

 弁当チェーン「ほっともっと」店長の男性(当時30歳)が2011年に自殺したのは過重労働が原因として、長野市などの男性の遺族が29日、チェーン運営会社「プレナス」(福岡市)に対し、逸失利益など9300万円の損害賠償を求めて長野地裁に提訴した。

 訴えでは、男性は三重県内の2店舗の店長だった11年4月以降、上司から「達成できなければ死刑」とノルマを強要するメールを複数回送りつけられたほか、自殺前の半年間の月間時間外労働は最長で274時間に達したという。同年7月、勤務店舗内で首をつって自殺した。

 四日市労働基準監督署(三重県)は昨年1月、労災を認定。原告側は「過重労働からうつ病となり、自殺した」と主張。プレナスは「訴状が届いていないのでコメントを控える」としている。【川辺和将】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アシアナ航空 副機長2人が乱闘 NY便1時間遅延
  2. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  3. 知的障害者 85歳、刑務所で40年 施設が支え「世界一幸せ」 初めて福祉受け定住
  4. タクシー突入 病院に悲鳴響く…「お母さん」泣きすがる子
  5. タクシー突入 「車の不調聞いていない」…容疑者の家族

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]