メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

店長の遺族が損賠提訴…自殺は過労が原因

 弁当チェーン「ほっともっと」店長の男性(当時30歳)が2011年に自殺したのは過重労働が原因として、長野市などの男性の遺族が29日、チェーン運営会社「プレナス」(福岡市)に対し、逸失利益など9300万円の損害賠償を求めて長野地裁に提訴した。

 訴えでは、男性は三重県内の2店舗の店長だった11年4月以降、上司から「達成できなければ死刑」とノルマを強要するメールを複数回送りつけられたほか、自殺前の半年間の月間時間外労働は最長で274時間に達したという。同年7月、勤務店舗内で首をつって自殺した。

 四日市労働基準監督署(三重県)は昨年1月、労災を認定。原告側は「過重労働からうつ病となり、自殺した」と主張。プレナスは「訴状が届いていないのでコメントを控える」としている。【川辺和将】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 貧困たたき 新宿で緊急抗議デモ 作家の雨宮処凛さんらも
  2. 私たちは買われた展 女子中高生の体験、パネルに表現して
  3. 真田丸 草刈正雄と中島亜梨沙が北海道の“沼田”に
  4. 内閣府調査 現在の収入「満足」48%…2年連続増加
  5. 小池都知事 築地移転延期の可能性示唆

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]