メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

静岡・浜岡原発

防波壁完成 南海トラフ想定、海抜22メートル

防波壁の東端に設置された盛り土部分=静岡県御前崎市の中部電力浜岡原発で31日午前9時51分

 中部電力が浜岡原発(静岡県御前崎市)で建設していた海抜22メートル、全長1・6キロの防波壁が31日、完成した。本体部分の工事が昨年12月に終了後、両端の盛り土工事が続いていた。盛り土部分は防波壁を直撃した津波が、回り込んで構内に流入するのを防ぐ役割があるという。

 浜岡原発は南海トラフ巨大地震の想定震源…

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文368文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 関学大が日大定期戦を中止、回答に誠意認めず
  2. ORICON NEWS 声優・金元寿子、海外留学のため休業へ 来年3月復帰予定
  3. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  4. 東京・六本木 「アートナイト」始まる 光の巨人も登場
  5. 東京都 私立高実質無償化でも自己負担47万円

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]