メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

県内出身のプロ棋士11年ぶり誕生 大阪市の都成三段、狭き門奨励会を突破 「タイトル目指して頑張る」 /宮崎

「まずはデビュー戦の勝利が目標」と語る都成三段

 県内出身では11年ぶりとなる将棋のプロ棋士が4月1日、誕生する。宮崎市出身の都成竜馬三段(26)=大阪市=は3歳から将棋を始め、小学5年でプロ棋士養成機関の奨励会に入会。プロを目指せる年齢制限(原則26歳)ぎりぎりで、狭き門を突破した。最後のチャンスで夢をつかんだ都成さんは「プロの世界で活躍して、宮崎で棋士を目指す子供たちの目標になりたい」と意気込んでいる。【黒澤敬太郎】

 「プロになるのにこれだけ苦労した。これから先どんな苦難が待っているのか、少し不安です」。3月中旬、…

この記事は有料記事です。

残り718文字(全文956文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飲酒運転で阪神高速逆走、正面衝突 4人軽傷被害 36歳男を逮捕
  2. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  3. 「介護しているのに文句ばかり」夫の口を塞ぐ妻を逮捕 容疑は殺人未遂 大阪
  4. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  5. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです