メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子宮頸がんワクチン

国とメーカー2社へ集団賠償訴訟へ

子宮頸がんワクチン接種後、光に対するまぶしさからサングラスをかけたままの生活が続き、涙ながらに健康被害を語る谷口さん(中央)ら=東京都港区で2016年3月30日午後3時15分、望月亮一撮影

接種した後に健康被害 女性4人が記者会見

 子宮頸(けい)がんワクチンを接種した後に健康被害を訴えた17〜21歳の女性4人が30日、東京都内で記者会見し、国とワクチンメーカー2社を相手に損害賠償を求める集団訴訟を起こす方針を発表した。現段階で計12人が提訴する意向という。今後同様の被害を訴える全国の女性にも参加を呼びかけ、6月以降に全国4地裁に一斉提訴する。

 子宮頸がんワクチンを巡っては、販売開始の2009年12月から14年11月までに接種した約338万人…

この記事は有料記事です。

残り739文字(全文968文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  2. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  3. ORICON NEWS 神木隆之介、福山雅治の部下に 4月期日曜劇場『集団左遷!!』追加キャスト決定
  4. 授業中、不必要に名前を連呼など 一部教員のいじめも認定 高2自殺再調査報告書 山口・周南市
  5. 園児に「バカ」「ブタ」、押し入れに閉じ込め…保育園で暴言・体罰13件 福岡市が改善勧告

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです