メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第74期将棋名人戦七番勝負 5日開幕 対談 羽生名人×欽ちゃん

対談後に握手する萩本欽一さん(左)と羽生善治名人

 第74期名人戦七番勝負(毎日新聞社、朝日新聞社、日本将棋連盟主催、大和証券グループ協賛)が5日、東京都文京区のホテル椿山荘東京で開幕する。最高峰の舞台で若き挑戦者、佐藤天彦八段(28)との対決に臨む羽生善治名人(45)と、アマチュア五段の腕前の将棋好きで知られ、「コント55号」の結成から今年で50年となるコメディアン、萩本欽一さん(74)が対談した。年齢を重ねる意味、ファンへの思いを語り合った。【構成・最上聡、大井浩一、写真・後藤由耶】

この記事は有料記事です。

残り2425文字(全文2646文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 羽生の後でも乱れず チェン、圧巻の世界最高得点で2連覇
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
  5. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです