メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女性活躍法

施行 均等法30年 バトン、つないでいく 就職組から86年生まれへ

入社30年を迎える丸山さん(左)と今年30歳を迎える河野さん。同じ営業の今昔話に花が咲いた=東京都中野区のキリン本社で、中村かさね撮影

 採用や昇進など職場での男女差別解消をうたった男女雇用機会均等法(均等法)が1日、施行から30年を迎える。この日は従業員301人以上の企業に女性管理職の割合を増やす計画策定を義務づけた女性活躍推進法もスタート。30年で次の舞台に進んだ形だが、出産・育児や介護など、女性の労働環境の整備には依然課題が残っている。

 均等法の規定は段階的に強化されてきた。1986年の施行時、募集・採用や配置・昇進での女性差別禁止を…

この記事は有料記事です。

残り1088文字(全文1293文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  2. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  3. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  4. 「群馬大医学部不合格は55歳の年齢」横浜68歳女性、公明正大な入試訴え
  5. 渋谷ハロウィーン逮捕、決め手は防犯カメラ捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです