メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪

都の負担増で合意…整備費分担見直し

会談を終え、握手する(左から)遠藤利明五輪担当相、2020年東京五輪・パラリンピック組織委の森喜朗会長、舛添要一都知事=東京都港区虎ノ門で2016年3月31日午後5時18分(代表撮影)

国、組織委と会談

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長、遠藤利明五輪担当相、東京都の舛添要一知事は31日、会場整備の費用分担を見直すことで合意した。テロ対策や選手輸送、道路整備などの計画も見直す。具体的な内容は今後、組織委、政府、都の実務者レベルで協議して、今秋までに取りまとめる方針。招致段階の想定よりも都の費用負担は増え、税金が投入されることになる。【山本浩資、飯山太郎、浅妻博之】

 招致段階では大会後も継続して活用する恒久施設は都が、大会後に撤去する仮設7施設と既存施設を五輪仕様…

この記事は有料記事です。

残り920文字(全文1173文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」
  4. 投票済み証明書でコーヒー無料 新潟県議選の「投票割」に市選管が異議
  5. 千葉 「記憶ない…」私立高副校長が泥酔し女湯に侵入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです