メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

世界選手権 羽生、まさかの転倒 フェルナンデスV

 【ボストン田中義郎】第3日は1日(日本時間2日)、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(ANA)は184・61点、合計295・17点で2位に終わり、2014年大会以来の王座奪還はならなかった。

 SP2位のハビエル・フェルナンデス(スペイン)が3度の4回転ジャンプで高い評価を得るなどフリー216・41点、合計314・93点で逆転優勝。金博洋(中国)がフリー181・13点、合計270・99点で銅メダル。

 今月に大学へ進学するSP4位の宇野昌磨(中京大)は4回転での転倒もありフリー173・51点、合計2…

この記事は有料記事です。

残り741文字(全文1005文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです