メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

消費者、信頼性に不安も 機能性表示食品制度1年

機能性表示食品を強調したチラシや広告

 体にどのようによいかの機能性を食品に表示できる「機能性表示食品」制度が昨年4月にスタートして1年たった。届けられた製品は3月末で約270品目。事業者はおおむね肯定的に評価しているが、消費者からはもっと分かりやすい情報提供を求める声が強い。

 ●臨床試験は1割

 同制度は、事業者が科学的根拠に基づく機能性を自らの責任で食品に表示できる。販売前に機能性や安全性に関する情報を消費者庁に届け出る必要はあるが、同庁の審査・許可は不要。表示の対象は加工食品、サプリメント(栄養補助食品)、農畜水産物と幅広い。

 健康食品ビジネスコンサルタント、武田猛さんの独自集計(3月28日時点)によると、3月末までに受理さ…

この記事は有料記事です。

残り1573文字(全文1872文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東日本大震災 宮城、復興住宅全て完成 1万5823戸 被災3県で初
  2. プーチンのロシア ウクライナ危機5年/7 改革の誓いむなしく
  3. D&G、プラダ、グッチ…高級ブランドの先鋭デザインは「差別的」か ネットで批判、謝罪相次ぐ
  4. 「若い人たちはすごいな」高校eスポーツ大会、レボルさんが総括
  5. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです