メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外J1昇格は松本と大分
京都鉄道博物館

線路1キロのジオラマも 29日オープン

京都鉄道博物館の報道関係者向け見学会で披露された鉄道ジオラマ=京都市下京区で2016年4月1日午後2時31分、小松雄介撮影

 JR西日本は1日、今月29日にオープンする「京都鉄道博物館」(京都市下京区)の報道機関向けの見学会を開き、鉄道模型を走らせる大型のジオラマを披露した。JR西によると、面積は約300平方メートルで、日本最大級という。

     ジオラマは山に囲まれた架空の都市という設定。幅約30メートル、奥行き約10メートルで、総延長約1キロもの線路を敷いた。JR西の大阪環状線や700系新幹線、阪急電鉄などの私鉄まで幅広い電車の模型を集めた。実寸の80分の1の車両が高架やトンネルを走り抜け、小型カメラの前を通過する映像がスクリーンに映し出された。

     博物館の展示物はほぼ完成している。三浦英之館長(61)は「お客様に楽しんでいただき、感動やひらめき、新しい発見を持ち帰っていただきたい」と話した。来年3月までの初年度の来場者数は120万〜130万人を見込んでいる。【原田啓之】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
    2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
    3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
    4. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで
    5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです