メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『アメリカの排日運動と日米関係』 著者・簑原俊洋さん

 (朝日選書・1728円)

日米衝突の遠因に迫る 簑原俊洋(みのはら・としひろ)さん

 移民問題は、パワーや国益といった伝統的な外交・安全保障から遠い位置にある。それでもシリア難民の問題は今日、ヨーロッパを揺さぶっている。

 20世紀の初頭、日本人移民が日米の重大な懸案事項となった時代があった。特に1924年の排日移民法は、両国の友好に禍根を残した。

 「移民問題が日米関係に与えた影響を検証しようと試みました。問題の根底にあるのは、人種的な誇りという…

この記事は有料記事です。

残り782文字(全文1005文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ブロック塀危険性 外部専門家が2度指摘
  2. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  3. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  4. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  5. 日朝合弁10社 不正送金か 金融庁、全銀行に報告命令

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]