メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自殺問題に取り組むNPO法人「ライフリンク」代表の清水康之さん=玉木達也撮影

 どんなに難しい問題でもあきらめず、取り組み続ければ、何かが変わっていく。それを信じてとにかく前に進む。

 新聞記者になって二十数年。いろんな人に出会いました。その中でも、自殺問題に取り組むNPO法人「ライフリンク」(東京都千代田区)代表の清水康之さんは、その実行力が群を抜いています。

 2006年6月に成立し、同年10月に施行された自殺対策基本法。当時、東京社会部の記者だった私は、この法律の成立過程を追いました。

 清水さんはNHKの番組ディレクターとして、自死遺児を取り上げたクローズアップ現代「お父さん死なない…

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文802文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  3. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  4. ORICON NEWS 『銀魂』9月15日発売の『週刊少年ジャンプ』で完結 作者の初連載作品15年の歴史に幕
  5. 辺野古移設 政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです