メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

戦いと戦いの谷間=酒井佐忠

 塚本邦雄の「最後の弟子」である森井マスミの歌集『まるで世界の終りみたいな』(角川書店)が、混乱にあけくれる世界の現実に襲いくる不条理な感覚を、見事に表現していて注目される。森井は、1968年大阪市生まれ。近畿大大学院で塚本に直接師事して作歌を始めた。すでに現代短歌評論賞などを受賞して活躍する気鋭の歌人。歌集は東日本大震災を挟んで2009年から14年までの作品を集め、世界の病理を感受する批評意識が特色だ。

 <大いなる厄災あれど変はらぬ世界 死に瀕すれど従順なひとびと><まほらなるフクシマのうみ波立ちて陸…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文576文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  2. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  3. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  4. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
  5. 元首相秘書官の異様な言い分 安倍首相「知らない」中、「個人の判断」で働きかけたと主張

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです