メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和歌山「友ケ島」

砲台跡、老朽化で崩壊 史跡化したいが

【上】現在の第2砲台跡。左の砲台跡は、絵はがき写真左側の中央建物と同じ。絵はがき写真の右側部分が崩壊し、現在は海が臨める=稲生陽撮影【下】絵はがきに残っていた崩壊する前の第2砲台=唐澤教授所有の絵はがきから

 旧日本軍の砲台跡が残り、観光客が急増している和歌山市沖の無人島「友ケ島」で、第二次世界大戦の終戦時に米軍が爆破したとされてきた砲台跡1カ所が実は完全な形で残り、戦後に老朽化で崩壊したとみられることが分かった。軍事施設の遺構の研究者が戦後に発売された絵はがきを発見し、写真で確認した。文化財保護と崩落事故防止のため補修が必要だが、島を管理する市は「史跡化して補修しないといけないが、史跡指定されると近くで見てもらうことが難しくなる」と頭を抱えている。

 友ケ島は大阪湾口にある沖ノ島など4島の総称で、れんが造りの砲台跡が計6カ所残るなど島全体に国防遺構…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  3. アポ電強盗殺人 3容疑者、愛知や兵庫の特殊詐欺に関与か
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. 羽生、動きにキレ 「やりたかったことすべて達成」 世界フィギュア・公式練習

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです