メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドライバー異常時対応システム

運転手異変で自動停車 運転席にカメラ、意識不明を判断 国交省、開発促す

 走行中の運転手の体調が急変したことによる交通事故が相次いでいるとして、国土交通省は、先進的な装置を活用した防止策の検討を始めた。「ドライバー異常時対応システム」と呼ばれる現在開発中の技術で、運転手が意識を失うと自動でブレーキがかかる仕組みだ。国交省は既に技術指針を定めており、自動車メーカー各社に開発を促す方針だ。【内橋寿明】

 国交省によると、バスやトラック、タクシーなどの事業用自動車の運転手の体調が急変したことによる交通事…

この記事は有料記事です。

残り922文字(全文1136文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役
  2. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  3. 大阪・岸和田で工場火災 8棟約2600平米焼く けが人なし
  4. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  5. 全国高校eスポーツ選手権 大黒柱はLOL初の高校生プロゲーマー 初代王者狙う学芸大付国際

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです