メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

19年ラグビーW杯

公認キャンプ地目指し、機運向上へイベント 県協会が来月29日 /徳島

ラグビーワールドカップ日本大会に向けたイベントを開く徳島県ラグビー協会の小林信行理事長(左)と加藤陽副理事長=徳島県庁で、河村諒撮影

 県ラグビー協会は4日、県庁で記者会見を開き、2019年ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に出場するチームの公認キャンプ地に選ばれるように、地元の機運を高めるイベントを5月29日に開くと発表した。県が大会の公認キャンプ地に応募する意欲を示している。

 公認キャンプ地を決める方法について、日本大会組織委員会は正式な募集要項を公表していないが、応募した地域の中から候補地を組織委員会が選び、最…

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文491文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 東京地裁 目黒女性殺害、被告が殺人罪否認、遺棄は認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです