メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

19年ラグビーW杯

公認キャンプ地目指し、機運向上へイベント 県協会が来月29日 /徳島

ラグビーワールドカップ日本大会に向けたイベントを開く徳島県ラグビー協会の小林信行理事長(左)と加藤陽副理事長=徳島県庁で、河村諒撮影

 県ラグビー協会は4日、県庁で記者会見を開き、2019年ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に出場するチームの公認キャンプ地に選ばれるように、地元の機運を高めるイベントを5月29日に開くと発表した。県が大会の公認キャンプ地に応募する意欲を示している。

 公認キャンプ地を決める方法について、日本大会組織委員会は正式な募集要項を公表していないが、応募した地域の中から候補地を組織委員会が選び、最…

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文491文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 秋田県民「正直驚いた」金足農快進撃のなぜ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 個の力に頼らない強さ 大阪桐蔭
  4. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田
  5. 台風20号 あす西日本接近

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです