メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寄贈

聴覚障害者支援の団体、県に災害時用のビブス 「手話通訳者」など示す /徳島

聴覚に障害がある人が見てわかるように支援できる事柄を表示したビブス=徳島県庁で、蒲原明佳撮影

 聴覚に障害がある人や支援者の9団体でつくる聴覚障害者制度改革推進徳島本部は5日、災害時に手話通訳や要約筆記を担う人が着るベストの形をしたビブス500枚を県に寄贈した。本部長の平光江さん(59)は「誰が支援者か見てわかるようになる。障害がない人も手話や筆談といった支援に興味を持ってほしい」と訴えた。

 青色の布地に白字で「手話できます」「盲…

この記事は有料記事です。

残り108文字(全文278文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  4. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  5. 日本橋 百貨店、新館・改装続々 外国人接客きめ細かく

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです