メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寄贈

聴覚障害者支援の団体、県に災害時用のビブス 「手話通訳者」など示す /徳島

聴覚に障害がある人が見てわかるように支援できる事柄を表示したビブス=徳島県庁で、蒲原明佳撮影

 聴覚に障害がある人や支援者の9団体でつくる聴覚障害者制度改革推進徳島本部は5日、災害時に手話通訳や要約筆記を担う人が着るベストの形をしたビブス500枚を県に寄贈した。本部長の平光江さん(59)は「誰が支援者か見てわかるようになる。障害がない人も手話や筆談といった支援に興味を持ってほしい」と訴えた。

 青色の布地に白字で「手話できます」「盲…

この記事は有料記事です。

残り108文字(全文278文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か
  3. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  4. アメフット 日大の悪質タックル 警視庁が捜査へ
  5. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]