メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しあわせのトンボ

親と子の作文教室=近藤勝重

 先日、科学技術館(東京都千代田区)で毎日小学生新聞主催の「親子で学ぶ作文教室」があり、親子約40人にぼくなりに思うところを述べさせてもらった。

 物を作る作物と文を作る作文の比較から、作物の畑は文章では体験です、といった話の後、子どもたちが作文に取り組んでいる間、お母さんらと懇談、(1)聞くは言うに勝る(2)正しいことは決して正しくない(3)当たり前に不思議あり(4)科目名は「国語」というより「人間(子ども)」です(5)書くべきは「思う」ことより「思い出す」こと−−の5点をるる説明した。

 以下その内容だが、(1)では淀川長治氏が生前、テレビでおっしゃっていたこんな話を紹介した。「小学生…

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文893文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  2. 戦後70年 今も続いている国民への忍耐押しつけ
  3. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  4. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  5. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです