メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領選

共和、決選投票が現実味 トランプ氏失速気味

 【ワシントン西田進一郎】米大統領選に向けた共和党候補指名争いで、5日に行われた中西部ウィスコンシン州の予備選は、党主流派から支持を受けるテッド・クルーズ上院議員(45)が圧勝した。指名争いをリードしてきた実業家ドナルド・トランプ氏(69)だが、最近は失言への批判を浴びるなど、失速気味だ。主流派が目指している7月の党大会での「決選投票」が現実味を帯び、今回の結果は「(指名争いの)転換点」(クルーズ氏)になる可能性がある。

 「11月に(民主党の)ヒラリー・クリントン(前国務長官)を打ち負かそう」。クルーズ氏は5日夜、支持…

この記事は有料記事です。

残り922文字(全文1184文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  2. くらしナビ・ライフスタイル 口腔がん 進行前に発見を
  3. 記者のこだわり 不倫相手に請求できる? 離婚慰謝料訴訟 19日に最高裁判決
  4. ORICON NEWS 堀ちえみ、口腔がん公表 ステージ4の告知「私は負けない!」
  5. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです