メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゲノム編集

アレルギー遺伝子を持たないニワトリ開発

産業技術総合研究所などの研究チームが発表

 新しい遺伝子改変技術「ゲノム編集」によって、卵アレルギーの原因となるたんぱく質の一種「オボムコイド」を作る遺伝子を持たないニワトリを開発したと、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)などの研究チームが発表した。アレルギー原因物質の少ない鶏卵の開発が期待されるという。6日付の英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に掲載された。

     ゲノム編集技術は、従来の遺伝子組み換え技術よりも、正確に効率よく遺伝子を改変できる。特に農水畜産物の品種改良分野での期待が大きく、ブタや養殖マグロなどで研究が進んでいる。だがニワトリなどは遺伝子改変に適したタイミングで受精卵を操作することが難しく、ゲノム編集技術がほとんど使われてこなかった。

     チームは受精卵ではなく、産卵後2日後の鶏卵から精子のもとになる細胞(始原生殖細胞)を取り出し、ゲノム編集技術でオボムコイドを作る遺伝子を壊した。この細胞を他の鶏卵に移植し、成長した雄の精子の多くにオボムコイド遺伝子がないことを確認した。この雄と改変していない雌を交配し、父親由来のオボムコイド遺伝子のない雄、雌が誕生。それらをさらに交配させ、両親いずれからもこの遺伝子を受け継がないニワトリを生み出すことに成功したという。

     チームの大石勲・産総研バイオメディカル研究部門総括主幹は「オボムコイド遺伝子を受け継がないニワトリが産んだ鶏卵について、アレルギー反応を引き起こす力が本当に低下したか調べるとともに、他の性質に影響がないかも解析を進めたい」と話す。【大場あい】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 明治ザ・チョコレート 4000万ヒットの陰に“黒歴史”
    2. 入浴 冬は「10分以下×40度以下」推奨 実践は2割
    3. 甲子園ボウル 日大が優勝 27年ぶり21回目
    4. 映画 「恋とボルバキア」が描くあいまいな性と普遍的悩み
    5. ガンプラW杯2017 中2の畑めいさんがジュニアコースの初の世界王者に “最後の挑戦”で有終の美

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]