メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゲノム編集

アレルギー遺伝子を持たないニワトリ開発

産業技術総合研究所などの研究チームが発表

 新しい遺伝子改変技術「ゲノム編集」によって、卵アレルギーの原因となるたんぱく質の一種「オボムコイド」を作る遺伝子を持たないニワトリを開発したと、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)などの研究チームが発表した。アレルギー原因物質の少ない鶏卵の開発が期待されるという。6日付の英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に掲載された。

 ゲノム編集技術は、従来の遺伝子組み換え技術よりも、正確に効率よく遺伝子を改変できる。特に農水畜産物…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電
  2. 特集ワイド 「アベ政治ノー」訴え続ける 木内みどりさん 「言うべきこと」萎縮無用
  3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  4. スバルが国内生産停止 ハンドル補助装置に不具合
  5. 飛び交う「ええかげんにせえや」 大阪都構想の法定協が大混乱

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです