メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「『人生は夕方』ですか……。ちょっと寂しいんだけど味わい深くなるのかなって感じがしますね」=東京都杉並区で、竹内幹撮影

人の根本変わらず、そのままの自分で

 ハウツー本や人生訓が売れる時代。かつて年に10冊もの小説を書いた量産家も、最近は「生き方」を説くエッセーが目立つ。

 「40代、50代の20年間はすごい量の仕事をしましたが、今は小説が年に1冊程度。旅行記や人生論の注文が増えてきたんです。60歳が変わり目でした」

 2013年に出したエッセー「50代から上手に生きる人 ムダに生きる人」(知的生きかた文庫)にこんなくだりがある。<(60歳から)ちょっとした坂道をきついと思うようになった。それから、悲しいわけでもないのに、目に涙がにじむ。手の指や足がやたらとつる>

 「体力もですが、世の中が僕に接する感じが違ってきますね。僕をバリバリの現役と見なくなり、ちょっと終…

この記事は有料記事です。

残り1546文字(全文1869文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 中央省庁 障害者雇用、水増しか 42年間 政府調査開始
  3. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
  4. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  5. 障害者雇用 2省、水増し認める 国交、総務 手帳ない職員も算入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです