メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ルノー会長に仏ミシュランのスナールCEO ゴーン被告後任で人事案
石岡・茨城廃寺跡

「法隆寺式」で建設 中門発見で伽藍配置判明 あす現地説明会 /茨城

指で示した線から左側が寺の中門の基礎部分=石岡市貝地の茨城廃寺跡発掘現場で

 飛鳥時代の7世紀後半に建立されたとされる石岡市貝地2の茨城廃寺跡(いばらきはいじあと)の第6次発掘調査で、「中門(ちゅうもん)」などが発見され、伽藍(がらん)(寺院の建造物)のほぼ全容が判明したことが分かった。調査を進めている石岡市教育委員会は9日に現地説明会を開く予定。主要な建造物跡がそろった地方寺の遺跡は珍しく、同市教委は「約1300年前の建造物跡が見られる貴重な機会です」と参加を呼び掛けている。

 調査は1979年から始まり、今回の第6次調査は今年1月から行われている。79〜81年の第1〜3次調…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 26歳の阪神・原口文仁捕手、大腸がん公表
  2. 韓国、「威嚇飛行」の画像公開 レーダーデータも
  3. 「小中学生は大外刈り禁止を」 中一の娘亡くした父がネットで発信 全柔連相手に賠償提訴も
  4. 大坂が日本勢初の決勝進出 全豪テニス
  5. さいたま女性死亡 逮捕の前橋市職員との交際巡りトラブルか 市長、記者会見で陳謝

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです