メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

椋鳩十記念館

迷い猫、館長に就任 長野・喬木

子どもたちになでられる猫館長のムクニャン=長野県喬木村の椋鳩十記念館・記念図書館で2016年4月7日午後2時31分、湯浅聖一撮影

 児童文学者、椋鳩十(むくはとじゅう)(1905〜87年)の出身地・長野県喬木(たかぎ)村の村立椋鳩十記念館・記念図書館にすみ着いた迷い猫が、今月から「猫館長」に就任し来館者の人気を集めている。椋は動物を題材にした作品を多く残し、自身も猫好きだったことから、大原文男館長(64)は「椋の縁で来たのかも。村のイメージアップにつながれば」と期待している。

 薄い茶トラの雄で、推定3歳。椋にちなんで「ムクニャン」と名付けられた。1月の雪の降る日に、同館の駐…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. スリランカ爆発 日本人1人の死亡確認 政府筋
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. スリランカ爆発 容疑者7人を逮捕
  5. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです