メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

椋鳩十記念館

迷い猫、館長に就任 長野・喬木

子どもたちになでられる猫館長のムクニャン=長野県喬木村の椋鳩十記念館・記念図書館で2016年4月7日午後2時31分、湯浅聖一撮影

 児童文学者、椋鳩十(むくはとじゅう)(1905〜87年)の出身地・長野県喬木(たかぎ)村の村立椋鳩十記念館・記念図書館にすみ着いた迷い猫が、今月から「猫館長」に就任し来館者の人気を集めている。椋は動物を題材にした作品を多く残し、自身も猫好きだったことから、大原文男館長(64)は「椋の縁で来たのかも。村のイメージアップにつながれば」と期待している。

 薄い茶トラの雄で、推定3歳。椋にちなんで「ムクニャン」と名付けられた。1月の雪の降る日に、同館の駐…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電
  2. 特集ワイド 「アベ政治ノー」訴え続ける 木内みどりさん 「言うべきこと」萎縮無用
  3. 錦織が棄権、第1セット落とし第2セット途中で またジョコの壁 全豪テニス
  4. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  5. 飛び交う「ええかげんにせえや」 大阪都構想の法定協が大混乱

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです