メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絵本

宮津の木子地区、集落介護の物語「オトばあちゃんの回覧板」 27日から原画展 /京都

矢野文雄さん(左)の実話をもとに完成させた「オトばあちゃんの回覧板」。宮津市木子にあった集落介護の習わしを絵本にした=京都府宮津市で、安部拓輝撮影

 宮津市北部、世屋高原にある木子地区。1963(昭和38)年の豪雪を機に多くが離村し現在は5世帯だけが暮らすが、集落では終戦前まで身寄りのないお年寄りをみんなで介護する習わしがあった。輪番制で食事を作り、洗濯して体を拭いて帰る。そんな暮らしの記憶を元にした物語が可愛い絵本になった。「オトばあちゃんの回覧板」。核家族化が進んで老人ホームが増える中、地域社会が老いとどう向き合うかを優しく問いかけている。【安部拓輝】

 木子出身の矢野文雄さん(76)は幼少の頃、母と一緒に「オトばあちゃん」の家に通ったことを覚えている…

この記事は有料記事です。

残り758文字(全文1015文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 自民党 石破氏「200票」に達するか注目
  5. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです