メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未来を見る『め』

教育改革・現場からの報告 奈良・一条高の「よのなか科」 プレゼンで鍛える「生きる力」 /大阪

「観光の活性化、魅力的な情報発信 どうする?」

 「どうすれば奈良の観光は活性化するか。今日は、そんな壮大なテーマで生徒5グループにプレゼンテーションしてもらいます」。司会の錦秀知・奈良市教委教育政策課長(当時)の声が響いた。

 2月11日午前8時、祝日のため人けのない奈良市立一条高校の校舎4階。視聴覚教室に一条高生や教育・行政関係者ら約50人が集まった。主役は、プレゼンする生徒たち。大人たちはそれを聞いていろいろな質問をぶつける役目だ。

この記事は有料記事です。

残り1669文字(全文1888文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  2. 2億円超記載漏れ「常軌を逸している」 維新との対決を評価する声も 堺市民の声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. 幼稚園バスなど5台絡む多重事故で2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです