メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競泳

10人がリオ五輪内定 北島は5大会連続ならず

 新たに10人の五輪内定者が誕生した。今夏のリオデジャネイロ五輪代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権第5日は8日、東京辰巳国際水泳場で男女の決勝4種目などがあり、男子200メートルバタフライは、瀬戸大也(JSS毛呂山)が1分54秒14で3連覇。坂井聖人(まさと)=早大=が1分54秒21で2位に入り、ともに派遣標準記録を上回って五輪代表に内定した。坂井は初代表。男子200メートル平泳ぎは、小関也朱篤(やすひろ)=ミキハウス=が2分8秒14で2連覇し、渡辺一平(早大)が2位に入って五輪代表に内定した。北島康介(日本コカ・コーラ)は2分9秒96で5位に終わった。

 男子100メートル自由形は、中村克(かつみ)=イトマン東進=が48秒25の日本新記録で2連覇。塩浦…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 大谷、イチローの開幕戦を夜更かし観戦
  3. 武田・厚労省課長 韓国で逮捕 「韓国人嫌い」空港職員に暴行か
  4. 仙台市博物館 政宗の愛刀公開 ゲーム「刀剣乱舞」効果? 反響「普段の数十倍」 /宮城
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです