メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

荒川洋治・評 『8号室−コムナルカ住民図鑑』=ゲオルギイ・コヴェンチューク著

 (群像社・1296円)

暮らしを共有する人びとの肖像

 ガガの愛称で親しまれたロシアの画家ゲオルギイ・コヴェンチューク(一九三三−二〇一五)のエッセイ集。B6より少し小さい判型。たった一一二ページでもハードカバー。すてきな絵もいっぱい。開くだけで楽しくなる、可愛い本だ。

 8号室は、ガガさんが二〇年を過ごしたレニングラード(いまのサンクトペテルブルク)のコムナルカ(共同住宅)のこと。コムナルカは、ロシア革命(来年で一〇〇周年)後に生まれた。すべての住宅は共有の資産に。地方から来た人も含め、さまざまな階層の人たちがそこで暮らした。

 近くのホテルに、ソビエトに来ていた女優マリーネ・ディートリッヒが宿泊。ガガ夫妻とも親しくなった。女…

この記事は有料記事です。

残り1086文字(全文1401文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
  2. ORICON NEWS ゴジラ、NASA研究チームが“星座”に認定 日本の怪獣では初
  3. 1000円札 記号と番号の印刷色、褐色から紺色に変更
  4. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  5. 堺・弟殺害 父の搬送時、一緒にいた母親も昏睡状態

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです