メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『歌舞劇 ヤクシャガーナ』 著者・森尻純夫さん

森尻純夫さん=宮間俊樹撮影

 (而立書房・2592円)

インド南部で湧き上がる文化 森尻純夫(もりじり・すみお)さん

 1960〜70年代のアングラ劇ブームの嚆矢(こうし)となった演出家・鈴木忠志や劇作家・別役実らが築いた早稲田小劇場。76年、同劇場を鈴木たちが去った後に引き継ぎ、早稲田銅鑼魔(どらま)館として運営してきた生粋の演劇人である。インド南部の伝統的歌舞劇「ヤクシャガーナ」と出合って以来、現地の大学の客員教授を務めながら見つめ続けた芸能の神髄と歴史を語る。

 初めて現地で「ヤクシャガーナ」を見たのは89年。自身がルーツとしてきた小劇場やアングラ劇と同じく、…

この記事は有料記事です。

残り736文字(全文1005文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  3. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです