メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

感染症ならない・負けない・広げない

「たかが蚊」は間違い 国立国際医療研究センター感染症対策専門職・堀成美

ヒトにとって危険な動物は?

 「蚊に刺されたくらいで、こんな病気になるとは知らなかった」。帰国して体調が悪化して入院することになった患者さんが、病室へ向かう車椅子でつぶやきます。病名はマラリアやデング熱。海外旅行で出かけた先で蚊に刺されてしまったことが原因です。

 海外に行く時、レストランや観光地のチェックは多くの人がします。でも「何か感染症がはやっているかな?」と情報収集したり、「蚊の対策をしなくちゃ」と考えたり、具体的に備えをしたりして出かける人は、どれくらいいるでしょうか(私は医療者になる前はしていませんでした)。

 海外に出かける前に相談できる「トラベルクリニック」や「渡航者外来」は、日本ではまだ知名度が高くあり…

この記事は有料記事です。

残り704文字(全文1002文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ
  4. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  5. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです