メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外 羽生結弦、全日本選手権を欠場 連盟発表 一覧へ

内閣府調査

社会満足度…若者ほど低く

 内閣府は9日、「社会意識に関する世論調査」の結果を発表した。社会全体の満足度について、「満足している」と「やや満足している」が計62%(前回59.3%)となり、質問項目にした2009年以来、過去最高を記録した。しかし、女性の満足度は男性に比べて低く、また若年層ほど満足度が低かった。

 社会全体の満足度を初めて質問項目とした09年調査では計39.9%だったが、その後は上昇傾向となり、12〜13年では9ポイント、13〜14年では7.4ポイントと大幅に上昇している。

 男女別では、男性が計63.5%、女性が計60.7%だった。年齢別ではもっとも高い70代以上では計67.2%だったが、40代(計60.4%)、30代(計60%)と年齢が下がるとともに満足度も下がり、20代がもっとも低く計59.8%だった。政権が掲げる「1億総活躍」の課題が浮き彫りになった形だ。

 調査は今年1〜2月、全国で20歳以上の1万人を対象に面接方式で実施し、5877人から回答を得た。回収率は58.8%。【真野敏幸】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 相撲協会 元日馬富士処分は「引退勧告相当」提案へ
  2. 結婚 平幕の宝富士「24歳歯科助手と」発表
  3. 大宮風俗店火災 火元は2階南側のゴミ置き場付近か
  4. 高知・死体遺棄 複数の傷を確認 他殺の可能性捜査 
  5. 阪急京都線 視覚障害89歳女性ホーム転落、はねられ死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]