メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブックマーク

人生を肴に飲む酒は=岸政彦(社会学者)

 仕事で月イチぐらいで沖縄を訪れる。調査と研究のためだが、夜になると酒を飲まなければならない。飲むのも仕事の一環である。

 那覇に行くと、桜坂でよく飲む。観光客でにぎわう国際通りから1本入ったところにある、戦後すぐからの古い飲み屋街で、バラックのような建物がぎっしりと並んで、あやしいネオンが酔客を誘っている。沖縄の復帰前はせまい道をすれちがうことも難しかったらしいが、いまでは寂れて、ひともまばらだ。その上、那覇の一等地なので再開発の魔の手が伸びていて、この街にも広い道路が通り、巨大な外資系のホテルも建設された。しかしその足元では、いまも築60年ぐらいの平屋のバラックのスナックたちが、元気に営業している。

 そのうちの一軒によく行く。つい先日もそこで、共同研究者のU氏と飲んだ。彼はとてもにぎやかな男で、飲…

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文806文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  4. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  5. 寝屋川中1殺害、山田被告に厳刑へ 大阪地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです