メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

コンピューターソフト先勝 初の2日制対局 電王戦

 将棋の棋士とコンピューターソフトが戦う第1期電王戦2番勝負第1局が9、10日、岩手県平泉町の中尊寺で指され、先手のソフト、PONANZA(ポナンザ)が山崎隆之八段に85手で先勝した。第2局は5月21、22日、大津市の比叡山延暦寺で指される。

     過去4回行われた電王戦は、最初の1回を除き、5対5の対抗戦で実施され、昨年初めて棋士側が3勝2敗で勝ち越した。今回は新設の棋戦、叡王(えいおう)戦で優勝した山崎八段と、電王トーナメントで優勝したポナンザが持ち時間各8時間、初めての2日制で指した。

     対局は相がかり戦法から急戦に突入。形勢は1日目からポナンザが有利な展開になった。2日目に山崎八段が勝負手を放って、立て直しを図ったが、ポナンザは終始正確に指し進め、勝ち切った。

     山崎八段は「想定が外れ、望ましくない展開になった。(先手番の)第2局は経験を生かし、いい勝負をお見せできるようにしたい」と語った。【山村英樹】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
    2. 辺野古移設 政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円
    3. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
    4. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
    5. 夏の高校野球 大阪桐蔭、済美降し4年ぶり決勝進出

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです