メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コンピューターソフト先勝 初の2日制対局 電王戦

 将棋の棋士とコンピューターソフトが戦う第1期電王戦2番勝負第1局が9、10日、岩手県平泉町の中尊寺で指され、先手のソフト、PONANZA(ポナンザ)が山崎隆之八段に85手で先勝した。第2局は5月21、22日、大津市の比叡山延暦寺で指される。

     過去4回行われた電王戦は、最初の1回を除き、5対5の対抗戦で実施され、昨年初めて棋士側が3勝2敗で勝ち越した。今回は新設の棋戦、叡王(えいおう)戦で優勝した山崎八段と、電王トーナメントで優勝したポナンザが持ち時間各8時間、初めての2日制で指した。

     対局は相がかり戦法から急戦に突入。形勢は1日目からポナンザが有利な展開になった。2日目に山崎八段が勝負手を放って、立て直しを図ったが、ポナンザは終始正確に指し進め、勝ち切った。

     山崎八段は「想定が外れ、望ましくない展開になった。(先手番の)第2局は経験を生かし、いい勝負をお見せできるようにしたい」と語った。【山村英樹】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 今村復興相 「東北でよかった」発言と記者団への一問一答
    2. 稀勢の里 北斗の拳「ラオウ」の化粧まわしを着用へ 「こういう姿になりたい」
    3. 今村復興相 東日本大震災被害「東北だったから良かった」
    4. 今村復興相 パーティーで「東北で良かった」発言 辞任へ
    5. 今村復興相 また質問打ち切り 前回と同じ記者

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]