メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋ソフトが85手で先勝 山崎八段降す

 将棋の棋士とコンピューターソフトが戦う第1期電王戦二番勝負第1局が9、10日、岩手県平泉町の中尊寺であり、ソフトのPONANZA(ポナンザ=山本一成さん、下山晃さん開発)が山崎隆之八段に85手で勝って先勝した。

     今回は叡王戦で優勝した棋士の山崎八段と、電王トーナメントで優勝したソフトのポナンザが持ち時間各8時間、初めての2日制で対局した。

     中尊寺本堂の大広間で山崎八段と、ソフトの指し手を盤上に示す「新電王手さん」が向かい合い、対局が開始された。相がかり戦法から急戦に突入し、40手目を山崎八段が封じて1日目が終了。形勢は1日目からポナンザが有利な展開になったが、2日目に山崎八段が勝負手を放って挽回を図った。しかし、ポナンザは終始正確に指し進め、山崎八段の粘りを許さずに勝ち切った。

     山崎八段は「想定が外れてしまって、望ましくない展開になり、攻められてはっきり悪くなった。(先手番の)第2局は経験を生かしていい勝負をお見せできるようにしたい」と語った。

     第2局は5月21、22日、大津市の比叡山延暦寺で行われる。【山村英樹】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 飛び降り 女子高生2人自殺か パチンコ店屋上から
    2. ゾウガメ 脱走 55キロ、おとなしいが… 岡山の動物園
    3. 東大院生 34歳「スリルと背徳感」女子高生の頭にバッグ
    4. キョン 房総で大繁殖 観光施設脱走、14年で50倍 5万頭、農業被害拡大
    5. トランプ大統領 人はねられる絵を転載、数分後に削除

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]