メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アニメ

「ふらいんぐうぃっち」電車運行 青森・弘南鉄道

アニメ「ふらいんぐうぃっち」の絵でラッピングされた弘南鉄道大鰐線電車(同線中央弘前駅で)

 青森県弘前市出身の漫画家、石塚千尋さんが同市を舞台に描いたマンガ「ふらいんぐうぃっち」(講談社「別冊少年マガジン」連載)が16日から青森放送でアニメ放送されるのに合わせ、8日、登場人物の絵でラッピングした電車が弘南鉄道大鰐線(同市−大鰐町)で運行を始めた。

 マンガは、高校に入学した15歳の少女が一人前の魔女を目指し、弘前の親戚の家で修業中に経験する日常の出来事を描く。弘南鉄道と大鰐線存続戦略協議会はアニメの聖地巡礼(舞台めぐり)事業で大鰐線を活性化させようと、費用80万円でラッピング電車1編成(2両)を仕立てた。

 電車は1日9往復で1年間運行の予定。車体外側のほか、内側ドアにも等身大の登場キャラクターの絵を張ってある。弘南鉄道の工藤司・営業課長は「観光客や子供たちに喜んでもらえるのでは。作品の中に電車や駅舎などが出てくることを期待したい」と話し、魔女に欠かせない道具のほうきも「飛ばない」竹ほうきとして車内に置く計画だ。

 アニメ化に伴う宣伝企画では、フラッグやポスターが同市内に飾られ、弘南バスのラッピングバス1台も市内を運行している。【松山彦蔵】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
  4. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです