メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

enra

国内初ツアー 言葉や文化の壁超えるストーリー

 日本生まれの映像パフォーマンスグループ「enra(エンラ)」が、初の国内ツアー「PROXIMA(プロキシマ)」を開催中だ。海外で人気に火が付いたこともあり、25カ国・地域での上演実績はあるが、日本での公演は2年ぶり。ダンス、ジャグリング、武術などさまざまな芸に秀でたパフォーマー11人を、映像クリエーターの花房伸行さん(40)が率いる。ツアーの皮切りとなる東京公演(3月25日、北沢タウンホール)を見た。【大村健一/デジタル報道センター】

 舞台には幅7メートル、高さ3メートルのスクリーンだけが置かれている。2012年3月の結成以来、変わ…

この記事は有料記事です。

残り1294文字(全文1564文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 読売新聞記者がセクハラ 懲戒処分へ
  3. 人口動態統計 10~14歳死因、自殺最多 17年100人、動機不明が突出
  4. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです