メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マラソン大会

盛況 老舗から新参まで 水戸市も10月、個性派そろい人気 /茨城

昨年のかすみがうらマラソンのフルマラソン部門で一斉にスタートする参加者たち=土浦市で

 県内のマラソン大会が活況だ。健康作りに役立つうえ、地域活性化も期待できるため、自治体も積極的に取り組んでおり、10月には水戸市が初めてフルマラソン大会を主催する。人気はまだまだ続きそうだ。【玉腰美那子】

 県内最大のマラソン大会は17日に開かれる「第26回かすみがうらマラソン兼国際盲人マラソン」(土浦市、かすみがうら市、毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社など主催)。国際陸連公認のフルマラソンなど全8部門に2万3210人がエントリーしている。発着点となる川口運動公園(土浦市)の一部が改修工事のため、エントリーを制限せざるを得ず、前回より約5000人少ないが、それでも全国でも有数の規模を誇る。

 霞ケ浦湖畔の美しい景色を楽しめることに加え、初心者でも参加しやすいウオーキングや、車椅子など多彩な…

この記事は有料記事です。

残り705文字(全文1053文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 野球漫画 「ドカベン」46年で完結 28日発売号で
  2. ドカベン 長寿野球マンガが完結へ 46年の歴史に幕 「チャンピオン」次号で最終章が最終回
  3. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  4. EU あす報復発動 米製品の関税引き上げ
  5. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]