メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

矢板市長選/県議矢板市選挙区補選/矢板市議補選 市長に斎藤氏 若さアピール、新人戦制す /栃木

 任期満了に伴う矢板市長選と、ともに現職辞職に伴う県議矢板市選挙区補選(改選数1)と同市議補選(同2)は10日投開票され、三つどもえの市長選は、無所属の元県議、斎藤淳一郎氏(43)が初当選した。当日有権者数は2万7553人(男1万3579人、女1万3974人)。投票率は市長選が65・92%(前回63・94%)で県議補選が65・86%、市議補選が65・77%。

 新人3氏が争った選挙戦に明確な争点はなく、斎藤氏は「10年後、20年後の矢板に責任が持てる世代」な…

この記事は有料記事です。

残り1023文字(全文1253文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 久間元防衛相 詐欺容疑で会長逮捕のテキシアのパーティーであいさつ
  2. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  3. 白血病などの遺伝子治療製品、国内初承認へ
  4. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  5. 防衛省 空自F2後継機は新規開発 既存改良はコスト高く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです