メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

下松市長選 3期連続無投票、国井氏が初当選 下松市議補選も無投票 /山口

 任期満了に伴う下松市長選は10日告示され、無所属新人で元県議の国井益雄氏(66)以外に届け出がなく、国井氏が無投票で初当選した。同市長選の無投票は3期連続。立候補の準備をしていた男性(74)がおり、12年ぶりに選挙戦になる可能性もあったが、10日になって出馬を取りやめた。一方、同時に告示された市議補選(改選数1)も元市議の飲食店経営、永田憲男氏(65)以外に立候補の届け出はなく、永田氏が無投票で当選した。【土田暁彦】

 国井氏は10日午後6時過ぎ、下松市美里町の選挙事務所で、現市長で後援会長の井川成正氏(86)ら支持…

この記事は有料記事です。

残り1108文字(全文1369文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  2. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. 中日・松坂投手 右肩の炎症で開幕絶望
  5. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです