メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

世界貿易金額の大幅減少=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 世界経済の成長減速、貿易量の伸び率の傾向的低下という現象がまとわりつく。4月7日発表でWTO(世界貿易機関)は今年もまだ貿易の停滞を払拭(ふっしょく)できないとした。

 世界貿易数量は2015年の2・8%の伸び率に続いて今年も2・8%増にとどまる。そして17年は3・6%増としたが、下方修正リスクはありという。新興国の更なる成長鈍化や金融市場の不安定性をリスク要因としてあげた。逆に上方修正となれば、ECB(欧州中央銀行)による金融テコ入れが成果につながるケースという。

 世界貿易の伸び率が3%を下回るに至ったのは12年からで今年で5年連続となる。そして世界のGDP(国…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米子東の選手がベンチ入りせず
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  4. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ
  5. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです