メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

@大学 国際リーダー育てる学生寮 留学生と交流、討論や英語での主張など義務化

共同のキッチンは各階にあり、自炊ができる=東京都中野区の早稲田大学「国際学生寮WISH」で

 学生寮の新設が相次いでいる。外国人留学生や地方の学生を呼び込もうとの狙いとともに、多様な交流を促し、教育的効果を期待する。各大学の動きを追った。

 ●二十数カ国から来日

 JR中野駅から徒歩9分。早稲田大学の「国際学生寮WISH」(東京都中野区)は2014年春開設され、現在約870人が生活する。寮費5万3000円(水道光熱費含む)。保証金などを含めても、一般のアパートを借りるより安くすむだろう。新入生支援という位置づけのため2年間限定で、4割が留学生。韓国、中国など二十数カ国から来ている。

 個室は5畳ほどのワンルームで、ベッドや机、冷蔵庫、エアコン付き。4人1組でリビングと洗面所を共有す…

この記事は有料記事です。

残り1513文字(全文1809文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  4. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  5. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです