メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島原発事故

親子で人気すし店再開 南相馬・小高区

5年ぶりにすし店を再開した山沢茂さん(右)と魚をさばく長男政教さん=福島県南相馬市小高区で4月9日午後、大塚卓也撮影

 東京電力福島第1原発事故で住民避難が続く福島県南相馬市小高区で、すし店「浦島鮨(ずし)」が今月、5年ぶりに営業を再開した。国の避難指示解除は早くても6月以降となり、近くのJR常磐線小高駅は閉鎖されたまま。住民の姿はまばらだが、店主の山沢茂さん(64)は「不安定は覚悟の上」と前向きだ。「家族ですしをつまみながら笑い声が聞こえてさ。そんな光景が少しずつ増えていけばいいなってね」と笑顔を見せた。

 カラカラと引き戸が開き、なじみの客が「もうやっているんだって」と店をのぞきに来てくれる。山沢さんに…

この記事は有料記事です。

残り701文字(全文948文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  3. 中央省庁 障害者雇用、水増しか 42年間 政府調査開始
  4. 障害者雇用 2省、水増し認める 国交、総務 手帳ない職員も算入
  5. 愛知 少女の裸動画を拡散容疑 高校生ら14人書類送検 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです