メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島原発事故

親子で人気すし店再開 南相馬・小高区

5年ぶりにすし店を再開した山沢茂さん(右)と魚をさばく長男政教さん=福島県南相馬市小高区で4月9日午後、大塚卓也撮影

 東京電力福島第1原発事故で住民避難が続く福島県南相馬市小高区で、すし店「浦島鮨(ずし)」が今月、5年ぶりに営業を再開した。国の避難指示解除は早くても6月以降となり、近くのJR常磐線小高駅は閉鎖されたまま。住民の姿はまばらだが、店主の山沢茂さん(64)は「不安定は覚悟の上」と前向きだ。「家族ですしをつまみながら笑い声が聞こえてさ。そんな光景が少しずつ増えていけばいいなってね」と笑顔を見せた。

 カラカラと引き戸が開き、なじみの客が「もうやっているんだって」と店をのぞきに来てくれる。山沢さんに…

この記事は有料記事です。

残り701文字(全文948文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 注意され「カチンときた」 東名あおり事故、被告人質問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです