メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

筋電義手

希望を胸に、男児が小学校入学 奈良・生駒

入学式で上級生と手をつないで入場する神陽喜さん=奈良県生駒市の市立生駒南第二小で2016年4月11日、久保玲撮影

 生まれつき左手首から先がない奈良県生駒市の男児が11日、本人の意思で指を動かせる「筋電義手」を着けて小学校に入学した。「みんなと一緒に遊びたい」。ハンディを乗り越えてきた男児は、スーツの袖をまくりあげて筋電義手を見せながら、希望を胸に校門をくぐった。

 同市立生駒南第二小1年の神陽喜(はるき)さん(6)は、兵庫県立リハビリテーション中央病院(神戸市西区)に2014年4月から通い、病院から無料貸与された筋電義手で訓練してきた。子どもに操作は難しいが習熟し、1年4カ月後に自分専用の義手を手に入れた。

 順風ばかりではなかった。昨年12月、縄跳び大会に向けた練習で重さ0.5キロの義手を着けた陽喜さんは…

この記事は有料記事です。

残り770文字(全文1070文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです