メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生まれて初めて触るタブレット端末の使い方を習う高齢者たち=埼玉県和光市のわこう暮らしの生き活きサービスプラザで

 IT機器を利用する高齢者が増えている。スマートフォン(スマホ)やタブレット(板状の小型端末)の普及でどこでもインターネットに接続できるようになったほか、現役時代に仕事でネットを使っていた層が高齢者になったのも大きい。しかし、生まれて初めて触る人もまだまだ多い。新たに利用し始めた高齢者たちの感想を交えながら、どんなことができるのかを紹介する。

この記事は有料記事です。

残り2254文字(全文2426文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS B’z松本孝弘の愛用ギター、SNS情報提供で無事発見 20年ぶり本人の元へ
  2. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
  3. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」
  4. 大西議員発言 名誉毀損認めず 高須クリニック側敗訴
  5. 九大の森 静寂こそ…インスタ映えで殺到、閉鎖も検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]