メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

知財高裁

「フランク三浦」認める…ミュラーと区別できる

商標登録が有効と判断された「フランク三浦」の腕時計=販売用の公式ホームページから

 スイスの高級腕時計フランク・ミュラーを連想させる「フランク三浦」のブランド名で腕時計を販売する大阪市の会社が、商標登録を無効とした特許庁審決の取り消しを求めた訴訟で、知財高裁は12日、審決を取り消す判決を言い渡した。鶴岡稔彦裁判長は「呼び方は似ているが、両者は明確に区別できる」として商標登録は有効と判断した。

 判決によると、「フランク三浦」は2012年に商標登録され、販売されていた。特許庁は昨年9月、フランク・ミュラーの商標権管理会社の請求に基づき登録を無効とした。これに対し知財高裁は「三浦」が日本人を連想させることや、フランク・ミュラーの腕時計の多くが100万円超であるのに対し、「フランク三浦」は4000〜6000円である点などから「混同は考えられない」と結論付けた。【伊藤直孝】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドローン 神戸ルミナリエ会場で飛行 操縦少年を任意聴取
  2. 受精卵無断使用 「父親だと思えない」原告揺れる心情
  3. 奈良家裁 受精卵無断使用でも「父子」 別居の妻が出産
  4. 警視庁 警官が50キロ超過で走行、死亡事故 東京
  5. スーパー クレしん25周年で春日部にサトーココノカドー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]