メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しあわせのトンボ

「伝える」と「伝わる」=近藤勝重

 鳥取県のホスピス医、徳永進氏が近著「どちらであっても−臨床は反対言葉の群生地」で、昔はがんが見つかっても隠すのが思いやりだったのに、今は正確に伝えるのが正しいとなって、「正解は一つと言い切ろうとする風潮すらある」といろいろ考え込んでおられる。

 物事をどう伝え、いかに表すか。はっきりと「伝える」方法もあれば、そこはかとなく「伝わる」方法もある。状況によって使い分けられるのだろうが、年のせいか最近は、「伝える」より「伝わる」方がいいと思えるようになった。

 現に映像でもはっきりと見せつけられるのには抵抗があり、テレビのドキュメンタリー番組の残酷な場面など…

この記事は有料記事です。

残り549文字(全文827文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  2. くらしナビ・ライフスタイル 口腔がん 進行前に発見を
  3. ORICON NEWS 堀ちえみ、口腔がん公表 ステージ4の告知「私は負けない!」
  4. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  5. がん・ステージ4からの眺め 食べて寝るだけで貴い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです