メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

かすみがうらマラソン

いっしょに走ろう/中 世界への道、障害者に

 1991年に始まった「かすみがうらマラソン」。95年から併催されている視覚障害者のフルマラソンは2010年以降、国際パラリンピック委員会(IPC)の公認大会となっている。

 公認大会となる条件の一つは、IPCの国際審判員である国際技術委員(ITO)の資格を持つ人が、審判員の統括役として大会の競技役員になること。今大会は、この役目を大阪市の商船会社社員、宮田英明さん(54)が務める。「かすみがうらマラソンは、国際大会に出る基準となるIPCの公認記録を、選手が国内で取得できる貴重な機会」と気を引き締める。

 宮田さんは中学生の時から陸上の跳躍種目などに取り組み、大学時代に走り幅跳びで日本選手権に出場した。…

この記事は有料記事です。

残り696文字(全文999文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不法残留 ベトナム人7人、疑いで逮捕 苫小牧市内で /北海道
  2. WEB CARTOP イラッ! 駐車場はガラガラなのになぜか隣にクルマを駐めてくる「トナラー」の真意とは
  3. プロ野球 日本ハム 打たれない斎藤佑!韓国・NC戦2回完全に続き3回無失点(スポニチ)
  4. 中江首相秘書官「検討申し上げたかも」 勤労統計対象入れ替え
  5. 司法試験 合格者削減求めて声明 県弁護士会長 /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです