メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

セブン人事案、緊迫の取締役会(その1) 崩れた「鈴木王国」 無記名投票、身内が離反

 「人事案には納得いかない。私は反対します」。東京都千代田区のセブン&アイ・ホールディングス(HD)本社9階会議室で7日午前9時半に始まった取締役会。中核子会社セブン−イレブン・ジャパンの井阪隆一社長兼最高執行責任者(COO、58歳)を交代させる人事案について、創業家出身の伊藤順朗取締役(57)がきっぱりと発言した。「好業績を上げており、交代させる理由がない」

 この人事案を主導したのは鈴木敏文会長兼最高経営責任者(CEO、83歳)。2月15日に井阪氏に退任を…

この記事は有料記事です。

残り854文字(全文1085文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  3. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです