メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ロボホン」発売 シャープ

シャープが発表したロボット型電話「RoBoHoN(ロボホン)」=東京都港区で2016年4月14日、宮武祐希撮影

 「おはよう。今日は4月14日だよ。予定が1件あるよ」−−。シャープは14日、ロボット型の携帯電話「RoBoHoN(ロボホン)」を5月26日に発売すると発表した。ロボットクリエーターの高橋智隆さんと共同開発した体長19.5センチの小型ロボットで、二足歩行もできる。価格は19万8000円(税別)。専用サイトなどを通じて14日から予約販売を始めた。

 ロボホンは、通話の際には受話器として使えるほか、メールを送受信したり、静止画や動画を撮影したり、画像を投影するプロジェクター機能も備えている。

 音声でのやりとりが可能で、「地図検索して」と声をかけると「検索ワードを教えてね。プロジェクターで投影するよ」と応じ、テーブルや壁に地図を映す。また、「こっちに来て」などと呼びかけると、座った姿勢から立ち上がり、二足歩行で近づいてくる。

 固定電話の受話器ほどのサイズで、重さは390グラム。アンドロイドのOS(基本ソフト)を使っているが、インストールできるアプリはロボホン専用のものだけだ。連続待ち受け時間は約210時間で「1度の充電で1日以上使える」としている。利用には月額の基本料金(980円)が必要で、家庭でのWi−Fi接続や、携帯電話、スマホなどのSIMカードを差し替えて使える。同社がMVNO事業者として提供する音声通話、データ通信を利用することも可能だ。

 14日、東京都内で開いた記者会見でシャープの長谷川祥典専務は「家電を人工知能化するプロジェクト『AIoT』の第1弾がロボホンだ。クラウド上の人工知能に接続され、おしゃべりできて、我が家流に成長していく家電サービスを提供する」と抱負を語った。

 ロボホンの機能は今後、アプリによって順次追加され、話す内容も学習していくという。当面、月産5000台を予定しており、長谷川専務は「1年間で10万台を超えたい」と話した。

 高橋さんは「ロボホンは、『ゲゲゲの鬼太郎』の目玉おやじのような相棒になる。携帯電話とスマートフォン(スマホ)の2台持ちから、スマホとロボホンの2台持ち、そしていつかはロボホン1台の時代が来る。そのためには(シャープのような)企業規模が必要。ぜひ世界に広げてほしい」と話した。

 高橋さんは、国際宇宙ステーションに行った「キロボ」や、乾電池で動く「エボルタ」の開発などで知られる。【岡礼子/デジタル報道センター】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球CS 22日、23日中止なら広島王手 
  2. シャンシャン 体重8キロ超え、歩き方もしっかり
  3. 万引き 「自分の金使いたくない」福岡県職員を現行犯逮捕
  4. NMB48山本彩 広島でソロ全国ツアー開幕 「私は阪神ファンですが…」
  5. イオン 21日から「台風コロッケ」 通常より5割増し

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]