メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

赤枝議員「進学しても女の子はキャバクラに行く」

自民党の赤枝恒雄衆院議員

「子どもの貧困対策推進議員連盟」会合で発言

 自民党の赤枝恒雄衆院議員(72)=比例東京=が12日の子どもの貧困関連の会合で「親に行けと言われて仕方なく通信(課程)に進んでも、女の子はキャバクラに行く」などと発言したことが分かった。野党からは13日、「職業差別で自民党のおごりの表れだ」と批判が相次いだ。

     超党派の「子どもの貧困対策推進議員連盟」の12日の会合で、児童養護施設出身の大学生らが奨学金拡充を要請したのに対し、赤枝氏は「がっかりした。高校や大学は自分の責任で行くものだ」と主張。無理に進学しても「できちゃった婚をして離婚して、若くして一人親になり貧困になる」などと語った。

     民進党の山井和則国対委員長代理は13日の記者会見で「貧困家庭の女の子を侮辱するような発言だ」と批判。公明党の石田祝稔政調会長も「納得いく話ではない。経済的な部分は本人の努力で超えられないところがある」と疑問を呈した。

     赤枝氏は産婦人科医で、現在2期目。【飼手勇介】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 脳卒中 傷ついた細胞を食べ、脳の修復促す細胞を発見
    2. 欅坂46 握手会で刃物所持 男を逮捕 千葉・幕張メッセ
    3. 野呂佳代 「AKB48」オーディションに“うそだらけの履歴書”送り合格
    4. 大相撲 力士ら200人、「相撲列車」新幹線で名古屋入り
    5. 佐賀・車全焼 車内から1遺体 そばにやけどの国家公務員

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]