メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

3月28日午後3時のひまわり8号から見た画像。全国の陸地で積雲や積雲列が点在し、ところによって発達している

 桜満開を前にした東京近郊で3月28日夜、春の雷を記録した。真冬並みの冷たい空気が上空に入ったのが原因で、俳句の季語でもある「春雷」は4月から5月にも発生する。

 雷雲(積乱雲)は、積雲が発達し、背が高くなってできる。その引き金になるのは、地表と上空の気温差。予報の解説で「大気が不安定になっている」とは、この縦方向の温度差が激しいことを指す。

 お湯を沸かすと、火力が強いほど上への流れが強いように、大気でも上下の温度差から上昇流が強くなり、雲…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 韓国警察、「JYJ」ユチョン氏の逮捕状請求へ 麻薬使用容疑で
  4. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです